MacでApex Legendsをプレイする方法【低スペックOK】

ゲーム
かんまる
かんまる

こんにちは!ゲーム大好きかんまるです!


Macユーザーの皆さん、朗報です。

ゲームに向かないと言われてきたMacですが、今大人気のバトルロワイヤルゲームApex Legends』をMacでプレイできるんです!しかも、ゲーミングPCほどのスペックがなくても快適にプレイできます。


ということでこの記事では、MacApex Legendsをプレイするための手順や注意点などを超詳しく説明しています。実際にプレイした動画もありますのでご参考に!

MacでApex Legendsをプレイするための準備

用意するもの
  • Mac
  • GeForce NOWアカウント
  • Originアカウント


MacでApex Legendsをプレイするには、SoftBankが提供するNVIDIA GeForce NOWというサービスを利用します。


このGeForce NOWを利用すれば、ゲーミングPCほどのスペックがなくても快適にApex Legendsをプレイできます。



GeForce NOWとは?

GeForce NOWとは、近年発展を続けているクラウドゲーミングサービスです。
簡単に言えば、『ゲーム内の重い処理をクラウド上で行い、それをリアルタイムで受信しながらプレイする』ような感じです。PC内で重い処理を行わないため、低スペックPCでも快適にプレイできるわけです。

GeforceNOWの解説



Geforce NOWのフリープランは無料で利用することができます!Apex Legends自体も無料ゲームなので、無料でApex Legendsを始めることができますよ〜!

MacでApex Legendsをプレイするまでの手順

では実際にMacApex Legendsをプレイするまでの手順を解説します。何も特別なことをする必要はありません。以下の流れで進んでいきます。

プレイまでの流れ
  • 1. GeForce NOWアカウントを作成
  • 2. Originアカウントを作成
  • 3. OriginのゲームライブラリにApex Legendsを追加
  • 4. Apex Legendsを起動

1.GeForce NOWアカウントを作成

GeforceNOWのトップ画面

まず、GeForce NOWの公式サイトにアクセスし、『フリープランに登録』をクリックします。

新規仮登録を始める

メールアドレスを入力して仮登録します。登録したメールアドレス宛に本登録用のURLが届くので、そのURLから本登録を進めます。

ユーザ登録画面

ログインIDやパスワードなど、必要な情報を入力して次に進みます。

ユーザ登録内容確認の画面

入力した情報を確認して、「フリープランに登録する」をクリックします。

申込み完了の画面

申込みが完了したら、画面の指示にしたがってGeforce NOWのアプリをダウンロードします。

2.Originアカウントを作成

Originアカウントの作成

Originの公式サイトにアクセスし、左下の『登録』をクリックします。

EAアカウントの作成

メールアドレスなどを入力して進みます。公開IDはApex Legends上でプレイヤー名として公開されます(後から変更可能)。

EAアカウント登録完了

入力したメールアドレスに届くセキュリティコードを入力して登録完了です。

3.OriginのゲームライブラリにApex Legendsを追加(←重要)

Originのアカウントを作成できたら、ゲームライブラリにApex Legendsを追加します。左上の検索欄に『Apex』などのワードで検索し、『エーペックスレジェンズ』をクリックします。



ゲームライブラリに追加

続いて『ライブラリに追加』をクリックします。

ゲームライブラリの確認

左の『ゲームライブラリ』をクリックして、画像のようにApex Legendsが表示されていればOKです。

ゲームライブラリにApex Legendsを追加していない場合、GeForce NOWから正常に開くことができませんので注意してください。


4.Apex Legendsを起動

ようやく準備が整いました。ここまでお疲れ様です。

ではいよいよApex Legendsを起動していきましょう!手順2でダウンロードしたGeForce NOWのアプリを開きます。

GefroceNOWにログイン

右上のログインをクリックします。

SoftBankを選択

自動的にWebページに移動します。ここではSoftBankをクリックします(お持ちの携帯のキャリアとは無関係です)。手順1で登録したGeForce NOWアカウントでログインします。

GeforceNOWにログイン完了

画像のように表示されれば、無事にログイン完了です。GeForce NOWのアプリに戻ります。

ApexLegendsをプレイ

上の検索欄に『Apex』と入力すれば、画像のように表示されるので、プレイをクリックします。

Originにログイン

Apex Legendsのアプリが起動します。上のようにOriginのホップアップが表示されるので、手順3で登録したOriginのアカウントでサインインします。

セーブデータの設定

ローカルデータを削除するかセーブするか聞かれます。どちらを選択しても大丈夫ですが、今回はローカルデータを削除を選択しました。選択後、自動的にゲーム画面に切り替わります。
最初は起動までに少し時間がかかるかも。

ApexLegends立ち上げ完了

無事にApex Legendsが立ち上がりました。あとは好きなようにプレイするだけです!


コスパ最強のおすすめゲーミングデバイス

関連記事:LogicoolゲーミングマウスG402を徹底レビュー!

関連記事:コスパ最強茶軸ゲーミングキーボードECTK-G01UKBK徹底レビュー!

MacでApex Legendsを実際にプレイしてみた

どれくらい快適にプレイできるのか、実際のプレイ動画を見ながら確認していきましょう。

プレイ環境

MacBook Proでプレイしました。
いわゆるゲーミングPCからはかけ離れたスペックですね。内蔵GPUであることにも注目です。

PCスペック
  • MacBook Pro 2017 13インチ
  • プロセッサ:3.1GHz デュアルコアIntel Core i5
  • メモリ:8GB 2133MHz
  • グラフィックス:Intel Iris Plus Graphics 650 1536MB 


また、重要な通信環境ですが、無線LANを使用しています。上りはそこそこ、下りは微妙ですね。

通信環境
  • 無線LAN
  • 上り171Mbps
  • 下り7.8Mbps
https://www.speedtest.netにて計測


ゲーム内の設定は以下です。写ってないですが、解像度は1920×1080です。フルHDの最低設定という感じです。

ApexLegendsのゲーム内設定

高スペックでなくても快適にプレイ可能

実際のプレイ動画です。射撃訓練場、試合中の撃ち合いを録画しています。GeForce NOWのインスタントリプレイ機能を使って録画しました。

結果、超快適です。画面をキャプチャしながらでも快適にプレイできていることが分かります。

回線に関しては、どれくらいの回線があれば快適なのかをこちらの記事で詳しく解説しています。

まとめ

いかがでしたか。

GeForce NOWでは、Apex Legends以外にも800タイトル以上のゲームをプレイ可能です。
ぜひGeForce NOWを利用して、Macで素敵なゲーミングライフを送りましょう!

Geforce NOWのフリープランは無料で利用できるので、この機会にApex Legendsをプレイしてみてくださいね〜!

コメント

  1. かつ より:

    質問よろしいですか?
    3.OriginのゲームライブラリにApex Legendsを追加とあるのですが、Apex Legends™が表示されません。macOSのバージョン関係ありますか?(現在High Sierraです)
    現在の環境など教えていただけますか?

    • かんまる/現役数学科ブロガー より:

      2021年6月20日現在、Originを確認したところ「エーペックスレジェンズ」とカタカナ表記になっているようです。そちらをライブラリに追加すればプレイすることができます。ちなみにMacOSのバージョンは関係ないので、High Sierraでも問題ありません。