大学生ブロガーの2022年3月の買ってよかったものランキング

2022年1月から始まった僕の月刊 買ってよかったものランキング。早くも3回目です。

選考基準は次のようにしています。

  • 「生活がより良くなるもの」「仕事がより捗るもの」
  • Amazonや楽天などネットで購入できるもの
  • コスパに優れているかどうか

では今月も張り切っていきましょう!

合わせてどうぞ:月別 買ってよかったものランキング一覧


【3月買ってよかったもの】第5位:FILCO Majestouch用キーキャップ

FILCO Majestouch用キーキャップ

第5位はFILCO Majestouch用の交換用キーキャップセットです。

以前からキーボードのカスタマイズをしてみたかったのですが、日本語配列用のキーキャップの選択肢は少なく、こちらのFILCO Majesoutch用のキーキャップセットに行きつきました。Cherry MX軸のキーボードであれば基本的に使用可能です。


キーボードをカスタマイズする前とした後の比較画像がこちら。キーボードはELECOMのECTK-G01UKBKという格安茶軸キーボードを使用しています。

キーキャップカスタマイズ前のキーボード
カスタマイズ前
キーキャップカスタマイズ後のキーボード
カスタマイズ後


ブラックの本体にブルーのキーキャップ。一気に自分だけのデバイス感が増して、気に入っています。

3,000円で購入できるので、日本語配列メカニカルキーボードユーザーでキーキャップカスタマイズを試してみたい方に超おすすめ。ブルーの他にピンクもあります。

今回購入したもの



【3月買ってよかったもの】第4位:REALFORCE R3用キーキャップ

REALFORCE R3シリーズ用キーキャップ

第4位はREALFORCE R3シリーズ専用のキーキャップセットです。今回はブルーのフルセットを購入。

またキーキャップセットになってしまいました。3月はキーボードのカスタマイズに明け暮れていたのでお許しを。ブロガーとして、キーボードにはこだわりたいのです。


こちらは現在メインで使っているREALFORCE R3UC41のカスタマイズ用に購入しました。R3シリーズのキーキャップセットは今まで販売がありませんでしたが、3月28日に突如販売開始。飛びついて購入しました。


こちらもキーボードをカスタマイズする前とした後の画像を比較します。

キーキャップカスタマイズ前のキーボード
カスタマイズ前
キーキャップカスタマイズ後のキーボード
カスタマイズ後


REALFORCE用のキーキャップということで決して安くはないですが、かな印字なしのスタイリッシュなデザインや、レーザー印刷による印字など、質は確か。ワンランク上のREALFORCEを手に入れたい方はぜひ。

今回購入したもの


【3月買ってよかったもの】第3位:FILCO Majestouch Tenkey FTKP22MPS

FILCO Majestouch TenKey FTKP22MPS

第3位はFILCO Majesoutchシリーズのテンキーです。主に左手デバイスとして使用するために購入しました。



メカニカルキーボードなので打ち心地良し。赤軸、茶軸、青軸から選べますが、今回は赤軸を選択。スコスコ打てる感じが気に入っています。


さらに、メインキーボードのREALFORCEと並べても違和感のない質感もお気に入りポイント。

キーキャップカスタマイズをしたFTKP22MPS

さらにさらに、第5位で紹介したFILCO Majesoutchシリーズ専用キーキャップと組み合わせれば、テンキーも自分好みにカスタマイズ可能です。



仕事用デバイスをこだわると、仕事のモチベーションも自然と上がるのでおすすめ。どんどんこだわっていきましょう。

今回購入したもの


【3月買ってよかったもの】第2位:シャープ 小型空気清浄機 FU-NC01-W

シャープ小型空気清浄機FU-NC01-W

第2位は、シャープの小型空気清浄機。プラズマクラスターってやつです。
やっぱりこの季節は花粉が気になるところ。私は重度の花粉症患者なので、この季節は家にいるだけでくしゃみが止まりません。

そんな花粉対策として購入。こちらは6畳用となっており、プラズマクラスターの中でも小型な製品になります。値段も1万円前後とお手頃で、一人暮らしにぴったり。
動作音が少しうるさく感じますが、これで花粉対策ができるなら問題なし。


今回購入したもの


【3月買ってよかったもの】第1位:Creative Pebble

Creative Pebble

3月堂々の第1位は、圧倒的なコスパを誇る個人的最強スピーカーのCreative Pebbleです。

1,980円とは思えないほどの音質&見た目が1位に選んだ理由です。


まずは音質。本体裏のウーファーのおかげで、低音域から高音域までしっかりカバー。ある程度音量をあげると机自体が振動するくらいに低音が響いてきます。かといって安物特有のドンシャリ感というわけではなく、あくまで自然なバランスを保っています。とても2,000円の音質とは思えません。

次に見た目。唯一無二と言っていい球型のデザインがGOOD。可愛い雰囲気もありつつ安っぽさは感じさせないこの見た目に惚れ込んでしまいました。ちなみにカラーはホワイトとブラックの2色あります。



とにかく、「これが2,000円で買えてしまうのか!」という衝撃で、今月の1位はダントツでしたね。

今回購入したもの


【3月買ってよかったもの】候補も紹介

5位以内に入らなかった他の候補たちも軽く紹介しておきます。

お気づきの方もいるかもですが、3月は確定申告があったので比較的安価な商品が多いです。特にBUFFALOのテンキーは1,000円以内と超格安デバイスになっています。値段の割に必要十分な動きをしてくれるので、左手デバイスの入門としてもおすすめです。


その他には、初めてのキーボードカスタマイズで使ったUmoraのキーキャップ、外出用のかばんに常時入れておく用の折り畳み傘、日頃の疲れを癒すための入浴剤がエントリーしました。どれも低価格で購入でき、普通に使えるためおすすめです。


まとめ

2022年3月のランキングをまとめますと、

このようになりました。


やはりCreative Pebbleは自信を持っておすすめしたいですね。今までさまざまな商品をレビューしてきましたが、最高部類のコスパを誇るといって良いでしょう。あとはキーボードカスタマイズもぜひ。自分好みの見た目に仕立ててモチベーション上げていきましょう!

来月は今のところ大きい買い物をする予定がないので、しょぼいランキングにならないように頑張ります。乞うご期待。

記事が良かったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする