APEXやR6S・DbDも!Macで遊べる人気ゲームをピックアップして紹介!

MacはPCゲームに弱いという共通の認識があると思いますが、実はMacでプレイできるゲームと言うのは増えています。

ということでこの記事では、2022年現在、Macでプレイ可能な人気ゲームをピックアップしてまとめました!Macユーザーのみなさん、是非素敵なゲーミング生活を送りましょう!


目次

Macでゲームをするために

最初に断言します。Mac OS自体”に対応したゲームというのは正直少ないです。
しかし冒頭では実はMacでプレイできるゲームは増えている」と紹介しました。嘘をついているわけではありません。


Softbankから提供されているNVIDIA GeForce NOWというクラウドゲーミングサービスを使うことで、Macに本来対応していない様々な人気ゲームをプレイすることができるのです。


GeForce NOWについて

GeForce NOWは、近年盛り上がりを見せているクラウドゲーミングサービスです。簡単に言えば、「クラウド上の仮想PCでゲームを起動して、その映像をリアルタイムで受信しながらゲームをプレイできるサービス」です。以下の画像をイメージすれば分かりやすいと思います。


「ゲームの重い処理をサーバー側が処理することで、低スペックデバイスでも快適にゲームが遊べる!」というのがクラウドゲーミングサービスの売りです。


そして、Mac版GeForce NOWを使うことで、Macで本来プレイできない人気ゲームの数々をプレイできるというのがミソです。無料で使えます。

  • 低スペックPCでも1080pの60FPSでゲームをプレイ可能
  • ゲーム自体をMacにインストールする必要がない
  • ゲームのアップデートを勝手に行ってくれる


などなど、Macゲームをしたい方にはかなりおすすめのサービスとなっています。




Macで遊べる人気ゲーム一覧

GeforceNOWのゲーム一覧


バトルロイヤル

バトルロイヤルの一覧
タイトル 内容 Mac OS GeForce NOW
フォートナイトのカバー画像
FORTNITE
建築+バトロワの大人気ゲー。ゲーム内で音楽イベントを行うなど、常にユーザーを飽きさせないのも人気のポイント。
Apex Legendsのカバー画像
APEX LEGENDS
言わずもがなの大人気バトロワ。現在のPCゲーム人気の火付け役と言っても過言ではない。 ×
Hyper Scapeのカバー画像
Hyper Scape
未来都市を舞台にした新しいバトロワ。公開時点から過疎気味のゲームで、ついに2022年4月28日にサービス終了することが発表された。そこそこ面白いんだけどなぁ…。 ×
Ring Of Elysiumのカバー画像
Ring of Elysium
対AI戦も完備のバトロワ初心者におすすめゲーム。 ×

大人気バトロワのAPEX LEGENDSMacでプレイできるのはGeforce NOWの大きな力と言えるでしょう!

FORTNITEはMac OSに対応していますが、ハイスペックのMacでない場合はGeforce NOWでプレイした方が快適にプレイすることができます。


FPS

FPSの一覧
タイトル 内容 Mac OS GeForce NOW
CS: GOのカバー画像
Counter-Strike: Global Offensive(CS: GO)
2012年発売以来長年愛される本格FPS。ラウンドごとに武器や装備を購入するマネーシステムを採用。eスポーツでの盛り上がりも○
Team Fortress2のカバー画像
Team Fortress2
2007年発売の名作FPS。
R6Sのカバー画像
レインボーシックス シージ(R6S)
5対5の大人気FPS。競技シーンの盛り上がりも○ ×
R6Eのカバー画像
レインボーシックス エクストラクション(R6E)
R6S内で大好評だった期間限定イベントが元になった7年ぶりのシリーズ新作。 ×
BF4のカバー画像
バトルフィールド 4(BF4)
2020年の中国を舞台にしたBFシリーズの10作目 ×
BF1のカバー画像
バトルフィールド 1(BF1)
第1次世界大戦を題材にしたBFシリーズの12作目 ×
BFVのカバー画像
バトルフィールド V(BFV)
第2次世界大戦を題材にしたBFシリーズの13作目、シリーズ初のバトロワモードも ×

繰り返しにはなりますが、ゲームができないようなスペックのMacでも、Geforce NOWを使うと快適にプレイすることができます。
個人的にはValorantに対応して欲しいところ。



アクション、MMORPG、シミュレーションなど

その他のゲーム一覧
タイトル 内容 Mac OS GeForce NOW
LoLのカバー画像
League of Legends(LoL)
世界で最もプレイヤー数のPCゲームとされている言わずもがなの人気ゲー。5対5のチームバトルで互いの本拠地破壊を目指す。固有のスキルを持ったキャラが現在では150を超える。
WoTのカバー画像
World of Tanks(WoT)
戦車を使用したPvP。MMO型式のオンラインゲームとして単一サーバーに対する同時接続プレイヤー数最多の世界記録を保持する人気ゲーム。
Terrariaのカバー画像
Terraria
サンドボックス型の2Dアクションゲーム。よく2D版のMineCraftと呼ばれることもあり、実際に似た要素も多い。TerrariaはMineCraftに比べて戦闘要素が多い。神ゲー。
ARKのカバー画像
ARK: Survival Evolved
恐竜が生存する世界を生き抜くサバイバルアクションゲーム。常にSteamの売上上位で見かける。睡眠不足ゲー。多くのゲーム配信者もプレイしている。マルチプレイも○
Cities: Skylinesのカバー画像
Cities: Skylines
人気の都市開発シミュレーションゲーム。ただ単に街を作るだけでなく、経済状況を鑑みたり、住民の不満に応えたりとかなり奥が深い。
Overcooked! 2のカバー画像
Overcooked! 2
食材を切る、焼く、煮る、皿に盛るといったシンプルな操作から成るクッキングアクションゲーム。様々なステージ・ギミックが用意されており、最大4人のマルチプレイでは盛り上がること間違いなし。
Human: Fall Flatのカバー画像
Human: Fall Flat
ふにゃふにゃのキャラクターを操作しながらゴールを目指す3Dパズルアクションゲーム。
7 Days to Dieのカバー画像
7 Days to Die
オープンワールドのサバイバルホラーゲーム。世界の大半が崩壊した後の世界を生き残る。
Goat Simulationのカバー画像
Goat Simulation
ヤギを操作して様々なものを破壊するヤギシミュレーションゲーム。
RuneScapeのカバー画像
RuneScape
2001年リリースの名作MMORPG。 2018年時点で累計2億6千万人以上が遊んでいると言われている。
Path of Exileのカバー画像
Path of Exile
 いわゆるハック&スラッシュ(ハクスラ)と呼ばれるスタイルのゲーム。かなりのやりこみゲー。
LIFE IS STRANGEのカバー画像
Life is Strangeシリーズ
神ストーリーゲー。自分の選択によってストーリが変わるため何周も楽しめる。終わった後の満足感が半端ない。一部の作品を除いてMac非対応。
DbDのカバー画像
Dead by Daylight(DbD)
殺人鬼1人と生存者4人による1対4の対戦アクションホラーゲーム。いわば生死を賭けた鬼ごっこ。 ×
Among Usのカバー画像
Among Us
宇宙をテーマにした人狼ゲーム。タスクや議論を繰り返しながら誰がインポスター(人狼)かをあぶり出す、シンプルながら奥が深いゲーム。 ×
Phasmophobiaのカバー画像
Phasmophobia
常にSteamの売上上位に入っているホラーゲーム。最大4人でのマルチプレイに対応しており、友達と本格ホラーを楽しめる。 ×
アサシンクリード ヴァルハラのカバー画像
アサシンクリードシリーズ
オープンワールド暗殺アクションゲームのシリーズ。シリーズ本編の全て(ディレクターズカットエディション、Ⅱ、ブラザーフッド、リベレーション、Ⅲ、Ⅳ Black Flag、ローグ、ユニティ、シンジケート、オリジンズ、オデッセイ、ヴァルハラ)がGeForce NOWに対応している。 ×
Far Cry 6のカバー画像
Far Cryシリーズ
オープンワールドFPSゲームのシリーズ。メインシリーズの初代~6の全てがGeForce NOWに対応している。特に最新のFar Cry 6は特大ボリュームのおすすめゲー。 ×
DEATH STRANDINGのカバー画像
DEATH STRANDING
メタルギアソリッドで有名な小島秀夫が手掛ける話題作。未来のアメリカが舞台で伝説の配達員を主人公とする本格ドラマが展開される。 ×
Cyberpunk 2077のカバー画像
Cyberpunk 2077
2077年を舞台にしたオープンワールドアクションアドベンチャー。グラフィックが素晴らしく、街を歩くだけでも楽しい。 ×
黒い砂漠のカバー画像
黒い砂漠
超有名MMORPG。自由度が高く、様々な遊び方がある。 ×
Destiny 2のカバー画像
Destiny 2
アクションPRG。戦闘スタイルはFPS。PvEもPvPもある。2022年春に大型拡張コンテンツ発売予定。 ×
Valheimのカバー画像
Valheim
オープンワールドのサバイバルゲーム。建築や探索要素が豊富で冒険好きにはたまらない。 ×
ロケットリーグのカバー画像
ロケットリーグ
ジャンプやロケットダッシュができる車を操作してサッカーを行うゲーム。元は有料だったが、2020年に無料化された。 ×
WoWSのカバー画像
World of WARSHIPS(WoWS)
艦艇を使用したPvP。他の戦闘ゲームに比べてゆっくり目にゲームが展開されるのが特徴。 ×
Marvel's Avengersのカバー画像
Marvel’s Avengers
アベンジャーズを題材にしたアクション・アドベンチャー。2021年12月のパッチでスパイダーマンが追加され、ファンにはたまらないゲームとなっている。 ×
ジュラシック・ワールド・エボリューション2のカバー画像
ジュラシック・ワールド・エボリューション
映画ジュラシックパークを題材にしたパーク運営シミュレーションゲーム。ファンにはたまらないゲームとなっている。初代と2に対応。 ×
地球防衛軍 5のカバー画像
地球防衛軍 5
3Dアクションシューティングの地球防衛軍シリーズの5作目。敵を殲滅して世界を守る。中毒ゲー。 ×
PC Building Simulatorのカバー画像
PC Building Simulator
名前の通り、自作PCのシミュレーター。PCショップ運営モードや、自由に自作PCを楽しめるモードなどがある。NVIDIAやAMDなど、実在する企業や実在するパーツも登場する。 × ○ 
428~封鎖された渋谷で~のカバー画像
428 ~封鎖された渋谷で~
2008年に任天堂Wiiで発売されたサウンドノベルゲームのPC移植版。 ×
原神のカバー画像
原神
オープンワールド型アクションRPG。”元素”の力を使った攻撃やマップ攻略が特徴。グラフィックも良し。 × 年内対応予定


GeForce NOWを使うことでDbD、Among Usなどの様々な人気ゲームを楽しめます。ゲームの選択肢がグッと広がりました。


ここで紹介したゲーム以外にも1,100以上のタイトルに対応しています。以下のホームページからGeForce NOWの対応タイトル一覧と検索ができます。

参考:GeForce NOW Powered by SoftBank



コスパ最強ゲーミングデバイス



まとめ:MacでゲームをするならGeforce NOWがアツい!

関連記事1:【ガチレビュー】Geforce NOWを1000時間使って気づいたメリット・デメリット
関連記事2:ラグを気にせずGeforce NOWで快適に遊べる回線速度を検証!
関連記事3:昼はMacで夜はスマホでValheimをプレイする俺のスタイルを紹介

いかがでしたか。

Mac OS自体に対応したゲームは依然として少ないですが、Geforce NOWを利用することでゲームの幅が一気に広がることがお分かりいただけたと思います。
さらに、ゲームの重い処理をサーバー側で行うため、低スペックのMacでも快適にゲームをプレイすることが可能になります!
実際私もGeForce NOWを1,000時間以上使っています。本当助かってます。


ぜひMacとGeForce NOWで素敵なゲーミング生活を送りましょう!では!

記事が良かったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる