iPad Airが大学生に最適な理由を他のiPadと比較して解説

PC/Phone


私は普段から第4世代iPad Airを愛用しています。大学での勉強だけでなく、電子書籍の閲覧やApple Pencilを使ったお絵かきなど、とにかくiPad Airを使い倒しています。
特に第2世代Apple Pencilに対応しているiPad Airは、まさに大学生にピッタリ。
この記事では、「大学生がiPadを持つべき理由」「iPad Airがベストバイな理由」を書いています。

この記事ではこんなことを書いています
  • 教科書もレジュメもノートもiPadのみで完結する
  • そのため教科書やレジュメを忘れることがない、整理もしやすい
  • 他のiPadと比較しても、iPad Airは非の打ち所がない


おすすめ記事:「大学生 × ブログ」の相性は抜群!大学生がブログをするべき理由

iPad Airの基本スペック ー iPad Airは完成されている!

iPad Air第4世代
iPad Air(第4世代)
サイズ高さ 247.6mm
幅 178.5mm
厚さ 6.1mm
重量Wi-Fiモデル 458g
Wi-Fi + Cellularモデル 460g
画面サイズ10.9インチ
チップA14 Bionicチップ
容量64GB
256GB
カメラ12MP広角カメラ(外側)
7MPカメラ(内側)
Apple Pencil第2世代に対応
カラーシルバー
スペースグレイ
ローズゴールド
グリーン
スカイブルー
価格64GB 69,080円
256GB 87,780円



「iPad × 大学生」のメリット3選


まずはiPad Airに限らず、大学生iPadを持つメリットを3つに絞って紹介します。
すべてに共通して言えるのは、学生生活がより豊かに、便利になるということです。

「iPad × 大学生」のメリットその1:レジュメや教科書を持ち歩ける

Kindleストア内で解析入門を検索してみた
Kindleストア内で解析入門を検索してみた


大学に持っていくカバンには何が入っていますか?
教科書、プリント類をまとめたファイル、ノート、ペンケース…。

私はiPad AirとApple Pencilだけ。なぜならiPad Airに必要な教科書もプリントもノートも入っているから。

荷物も軽くて済むし、なにより「教科書を忘れた!」「ファイルのどこにプリントをしまったかわからない!」ということが起こりません。
今はKindleなどの電子書籍サービスで教科書の大半は買えるし、レジュメもPDF形式で配布されることが多いです。プリントもiPadでスキャンして全てまとめて持ち歩くことができます。

「iPad × 大学生」のメリットその2:ノートがわりになる

GoodNote 5の画面
GoodNotes 5の画面


Apple Pencilを使えば、iPadが多機能ノートに。
板書を写すだけでなく、レジュメのPDFにメモを書き込んだり、そのノートをiPhoneに共有したりととにかく便利。筆記用具も不要なので、インクがなくなるたびに買い換えるなんてことも不要。

Split Viewの例
Split Viewの例 右側で教科書、左側でノートを開いている


iPadのSplit View機能を使えば、教科書とノートを一緒に開けるので、iPad一枚で勉強が完結します。

もはや普通の紙とペンを使う理由って何?って感じです。

「iPad × 大学生」のメリットその3:電子書籍が読みやすい

Prime Readingで読み放題のタイトル
Prime Readingで読み放題のタイトル


iPadは電子書籍を読むにも最適。
教科書だけでなく、漫画や雑誌・小説やビジネス書など、好きな本を好きなだけ持ち歩けるのがメリット。特に学割で月額250円のAmazon Prime Studentを利用すると、対象の電子書籍が読み放題なのも大学生には嬉しいポイント。

タブレットであるiPadは画面サイズが大きいので、iPhoneなどと比べても文字の視認性の高さは言うまでもありません。

iPad一枚で、大学の授業から空きコマの暇つぶしまで、全て完璧にこなせてしまうというわけです。

iPadの中でもiPad Airが大学生にオススメな理由

大学生がiPadを持つメリットを紹介したところで、次は「iPadの中でもiPad Air大学生にオススメだよ」という話をします。

一言で言えば、「必要なポイントをクリアするiPadのうち最安」だということ。
自分が考える必要なポイントをまとめます。

・容量は64GB以上
・Apple Pencil第2世代に対応
・画面サイズが10インチ以上(iPad Air VS iPad miniで詳述)


容量は64GB以上

iPadには容量が32GBのモデルもあります。
しかし、電子書籍やPDFを複数いれたり、動画をダウンロードしたりするとすぐにパンパンになってしまいます。容量を節約するため電子書籍の数を減らしたりするとiPadの使い勝手が下がります。

最低でも64GB、128GB以上がiPadを快適に使うラインだと思います。

【重要】Apple Pencil第2世代に対応

Apple Pencilには現在、第1世代と第2世代があります。
文字を見ればたった1世代の差ですが、性能に非常に大きな差があります。

・第1世代 → Lightningコネクタに直接挿すかアダプタを経由してUSBで充電
・第2世代 → iPad側面のマグネットで充電

第1世代

第1世代Apple Pencilの充電風景
第1世代Apple Pencilの充電風景

第1世代は画像のようにLightningコネクタにぶっ挿すか、付属のアダプタを経由してUSBで充電します。アダプタの登場で少し便利にはなりましたが、ペンの充電のためにケーブルを用意する必要があるのは面倒。Lightningコネクタに挿す方法はかなり微妙。

第2世代

第2世代Apple Pencilの充電風景
第2世代Apple Pencilの充電風景

第2世代はiPad側面にマグネットでくっ付きます。Apple Pencilを持ち運びやすくなるだけでなく、これだけで充電もできるのが大きなメリット。ペンの充電のし忘れもありません。
第1世代は純正品とは思えないほど使い心地の悪さがありましたが、第2世代はiPadとApple Pencilで一つのガジェットと言えるくらい一体感がありスマートになりました。

大学へ毎日持っていくことを考えると、第2世代Apple Pencilがいかに便利かがわかります。

大人気YouTuber瀬戸弘司さんもApple Pencilに言及

Apple信者でお馴染みの大人気YouTuber瀬戸弘司さんも、Apple Pencilの第1世代をネタにした動画を投稿。シンプルに面白いので見てみてください。笑


現行iPadの性能比較 ー 4種類もあるよ

現在販売されているiPadのモデル4種類の性能をポイントを絞って比較します。

iPad Air第4世代
iPad Air
(第4世代)
iPad第8世代
iPad
(第8世代)
iPad mini第5世代
iPad mini
(第5世代)
iPad Pro第5世代
iPad Pro
(第5世代)
画面サイズ10.9インチ10.2インチ7.9インチ11インチ
12.9インチ
チップA14A12A12M1
容量64GB
256GB
32GB
128GB
64GB
256GB
128GB
256GB
512GB
1TB
2TB
厚さ6.1mm7.5mm6.1mm5.9mm
6.4mm
Apple Pencil第2世代第1世代第1世代第2世代
税込価格69,080円〜38,280円〜54,780円〜94,800円〜
129,800円〜

大学生にオススメのiPad Airを各iPadと比較してみる

ここからはiPad Airに、各iPadと戦ってもらいましょう。あくまで大学生の用途としての比較です。
どのiPadも強豪ですが、果たして勝ち抜けるでしょうか。

比較1:iPad Air VS iPad

iPad Air VS iPad
iPad Air第4世代
iPad Air(第4世代)
VSiPad第8世代
iPad(第8世代)
10.9インチ画面サイズ10.2インチ
64GB
256GB
容量32GB
128GB
A14チップA12
6.1mm厚さ7.5mm
第2世代Apple Pencil第1世代
69,080円〜価格38,280円〜

iPad(第8世代)は、iPadの中でも最安モデルであり、価格面は非常に魅力的です。
しかし、Apple Pencilが第1世代のみ対応なのが残念。
さらに32GBでは容量が足りず、必然的に128GBを選ぶことになります。128GB Wi-Fiモデルは49,280円。iPad Airの64GB Wi-Fiモデルとの価格差が約2万円。

2万円節約してApple Pencil第1世代のiPadを買うか、2万円上乗せして快適なApple Pencil第2世代のiPad Airを買うか。私的にはiPad Airの勝ち。


比較2:iPad Air VS iPad mini

iPad Air VS iPad mini
iPad Air第4世代
iPad Air(第4世代)
VSiPad mini第5世代
iPad mini(第5世代)
10.9インチ画面サイズ7.9インチ
64GB
256GB
容量64GB
256GB
A14チップA12
6.1mm厚さ6.1mm
第2世代Apple Pencil第1世代
69,080円〜価格50,380円〜


iPad miniはガジェットとして個人的に大好きです。片手で持てるくらいのサイズ感がほどよく、小説を読むのに非常にGOOD。

しかし大学生にオススメかと言われれば微妙。画面サイズが小さいです。
特にSplit View機能で、2画面同時に表示する場合は7.9インチではかなり不便です。iPad mini一枚で大学に行けるかと言われれば力不足かな。iPad Airの勝ち。


比較3:iPad Air VS iPad Pro

iPad Air VS iPad Pro
iPad Air第4世代
iPad Air(第4世代)
VSiPad Pro第5世代
iPad Pro(第5世代)
10.9インチ画面サイズ11インチ
12.9インチ
64GB
256GB
容量128GB
256GB
512GB
1TB
2TB
A14チップM1
6.1mm厚さ5.9mm
6.4mm
第2世代Apple Pencil第2世代
69,080円〜価格94,800円〜
129,800円〜


普通の人が使う場合、iPad Proはオーバースペックです。iPad Proはタブレットの顔をしたパソコンです。Proの名前に説得力があります。

iPad AiriPad Proのチップやカメラの性能を抑えた廉価版だと考えると各iPadの立ち位置がわかりやすいと思います。
iPad Airは性能を抑えたとは言っても、チップはiPhone12と同じA14チップ、カメラも12MPカメラと上出来すぎる性能です。コストパフォーマンスから見てやはりiPad Airの勝ち。


【体験談】32GBのiPad(第6世代)は定着しませんでした

iPad第6世代購入時

3年前、iPad(第6世代)を購入し、これで勉強するぞ!と意気込んでいました。
しかし、大学内でApple Pencilの蓋を無くしたり、Apple Pencilの充電を忘れたり、容量がすぐいっぱいになったりとさまざまな壁が立ちはだかり、いつしかiPadは動画鑑賞専用タブレットになっていました。

iPadで妥協するくらいなら、2万円上乗せしてiPad Airを買った方いい。というのが私の意見です。

まとめ:iPadは大学生生活をより豊かにしてくれるガジェット


iPad Airは完成されているなというのが率直な意見です。普段から様々なガジェットを買っては試しを繰り返していますが、iPad Airはここ数年で一番満足した買い物です。

決して安いものではありませんが、iPad購入を検討している大学生の方はぜひiPad Airも視野に入れてください。学生生活がより豊かに、便利になること間違いなしです。

コメント