【ブロガー必見】自分にピッタリのキーボードの選び方

PC周辺機器
かんまる
かんまる

こんにちは!現役大学生ブロガーのかんまるです!

ブロガーの皆さん、普段どんなキーボードを使ってブログを書いていますか?
ちゃんといいキーボードを使っていますか?

ブロガーにとっては一番使うアイテムだからこそ、ちゃんと自分に合ったキーボードを使うべきです。自分に合ったキーボードを使うことでタイピング速度向上や誤入力の軽減、疲労軽減の効果が期待できます。


ということでこの記事では、キーボードマニアの私が自分に合ったキーボードの選び方を解説します。ブロガーの方必見ですよ!

キーボードを選ぶ際に注目するポイント


まずはどんな点を考慮してキーボードを選べば良いかを解説します。注目する点は以下の5点です。

注目ポイント

  • 1. 有線 or 無線
  • 2. テンキーあり or なし
  • 3. キー配列
  • 4. キーの種類
  • 5. プラス機能


項目ごとに自分に合う選択をすれば、どんなキーボードを買えば良いかが見えてきます。

では、1つずつ解説していきますね。

1. 有線 or 無線


まずは簡単なところから。キーボードとPCの接続方法についてです。

以下の3タイプに大別できます。特徴をまとめます。

有線(USB接続)無線(USBレシーバー)無線(Bluetooth)
特徴○ 安定感がある
○ 安価な場合が多い
 ×コードが邪魔
○ コードなしなので作業スペースがすっきり
○ Bluetooth接続より安定感がある
 × 電池 or 充電が必要
○ コードなしなので作業スペースがすっきり
○ USBポートに1つ空きができる
 × 電池 or 充電が必要
 × BIOSで使えない


一長一短ですね。最近では無線でも安定した接続ができるキーボードも多く、電池や充電も長持ちするようになりましたので、無線の流れがきていますね。ちなみに僕は有線です。

2. テンキーあり or なし


テンキーの有無も重要なポイントです。特徴をまとめます。

テンキーありテンキーなし(テンキーレス )
特徴○ 数字入力が圧倒的にしやすい
 × キーボードが大きい
○ キーボードがすっきりしている
 × 数字入力には弱い


テンキーの有無は数字入力で差がでる部分ですが、Excelなどで大量の数字データを入力をしない場合はあまり大差ないと思います。
最近主流のゲーミングキーボードではテンキーレスのものが多いので、流れは若干テンキーレスかなと思います。完全に好みですね。

ちなみに0〜9の10個のキーがあるのでテンキー(ten key)ですよ!

3. キー配列


キーの配列にも種類があります。主流なのは以下の2つです。

JIS配列(日本語配列)US配列(英語配列)
特徴○ 慣れ親しんだ配列○ デザインがシンプルでかっこいい
○ BackSpaceが大きい
・ Enterキーが横長
△ かな入力できない


JIS配列はおそらく皆さんが今使っているキーボードのキー配列です。
US配列のキーボードはこんな感じ。

US配列のキーボード


このように変換や無変換のキーがなく、キーキャップにひらがなの印字もないためデザインがシンプルでかっこいいです。
またこれは好みですが、Enterキーが横長のためホームポジションから押しやすいというのも特徴。

基本的にJIS配列を選んでおけば間違いはありませんが、コアなファンが多いUS配列も魅力的。

JIS配列とUS配列の違いについて、こちらのサイトで詳しく解説されているので、気になる方はぜひ。

4. キーの種類


キーボードを買う方の大半がここまでの1〜3の点を注目しますが、大事なのはここからです。キーボードの面白みがでてくるのもここから。沼にハマっちゃいますよ。

キーの種類はキーの押し心地に関わるので非常に重要です。大きく分けて以下の4種類があります。

メンブレン式パンタグラフ方式メカニカル方式静電容量無接点方式
特徴安価なキーボード薄型・ノートパソコンのキーボード種類豊富で自分にピッタリの1台を見つけらるキーボード高級キーボード
メリット・デメリット○ 安い
 × 押し心地が微妙
 × 耐久性に欠ける
 × 機能が少ない

○ 薄い
 × 押し心地が微妙
 × 機能が少ない

○ 打鍵感が味わえる
○ 自分の好みに合ったキーを選べる
○ カスタマイズしやすい
○ 耐久性が高い
○ 機能が多い

○ 押し心地が最高
○ 機能が多い
○ 耐久性が高い
高価


キーボードにこだわりがなく、とりあえず安いものを使っている方はおそらくメンブレン式です。
正直安さだけが魅力なので、ここではオススメしません。パンタグラフ方式も同様です。

かんまる
かんまる

メンブレン式を使ってる人、メカニカル方式静電容量無接点方式にしてみない?


と皆さんをキーボード沼にハマらせるのがこの記事の裏の目的なので1つずつ解説しますね(笑)

メカニカル方式


メカニカルキーボードは別名軸系キーボードと呼ばれ、キー1つ1つに「軸」が入っています。この軸こそがメカニカルキーボードの面白い部分です。

軸には様々な種類があり、その軸ごとに様々な特徴があります。代表的な軸をとりあげます。

特徴
赤軸キーが軽いので疲れにくい、打鍵音が小さめ
青軸しっかりとしたクリック感、大きめの打鍵音
茶軸赤軸と青軸の中間、バランスが良い
黒軸しっかりとした押し心地で誤入力を抑えやすい


他にも緑軸や銀軸など、様々な軸があります。この軸の多さとそれぞれの特徴がキーボード沼にハマってしまう原因ですね。

また、メンブレン方式やパンタグラフ方式とは異なり、キー1つ1つの構造が独立しているため、キーが壊れた時は壊れたキーだけを修復すればいいということから、耐久性にも優れています。

静電容量無接点方式


静電容量無接点方式は名前の通り、キー入力の際に中の電極と接地せずに認識する構造です。物理的な接点がないため高い耐久力が特徴です。また、押し心地が抜群にいいです。

身近なところでいうと、セブンイレブンのATMでこの静電容量無接点方式のテンキーが採用されています。

現状、静電容量無接点方式を採用したキーボードは、東プレのREALFORCEという機種だけなので、この方式を購入する際はREALFORCEの中から選ぶことになります。

メカニカルと静電容量無接点、どっちが良いの?

結論、メカニカルキーボードがオススメです。
静電容量無接点は素晴らしいキーボードですが、2万円以上するのでいきなり手を出すにはハードルが高いです。

メカニカルキーボードは安いものだと5,000円程度で買えます。5,000円でメカニカルキーボードの最高な打鍵感を味わえるので安い買い物だと思いますよ。

僕もメカニカルキーボードを買ってからブログを書くのが楽しくてたまりません(笑)


5. プラス機能


最後にプラス機能について紹介します。

キーロールオーバー多くのキー同時押しに対応した機能。多くのキーを同時に使うゲームをする人に。
マクロ機能同じ入力作業などを自動でできるようにする機能。作業効率アップに。
ライティングキーボードが光る機能。ゲーム用途や暗い部屋で作業する人に。
便利なキー音楽の再生やスキップ、音量の調整ボタンが別でついているキーボード。


こういった機能の有無も、キーボード選びのポイントになります。

タイプ別おすすめキーボード

ここからは各タイプに分けて、おすすめのキーボードを紹介します。自分に合った条件の記事をごらんください!

メカニカルキーボード(赤軸)

赤軸有線テンキーあり(準備中)赤軸有線テンキーなし(準備中)
赤軸無線テンキーあり(準備中)赤軸無線テンキーなし(準備中)

メカニカルキーボード(青軸)

青軸有線テンキーあり(準備中)青軸有線テンキーなし(準備中)
青軸無線テンキーあり(準備中)青軸無線テンキーなし(準備中)

メカニカルキーボード(茶軸)


茶軸有線テンキーあり(準備中)
茶軸有線テンキーなし(準備中)
茶軸無線テンキーあり(準備中)茶軸無線テンキーなし(準備中)

メカニカルキーボード(その他)


黒軸キーボード(準備中)
銀軸キーボード(準備中)
その他の軸のキーボード(準備中)

静電容量無接点キーボード

静電容量無接点(準備中)

メンブレン・パンタグラフキーボード

メンブレン(準備中)パンタグラフ(準備中)

まとめ:メカニカルキーボードがおすすめ!

メカニカルキーボード

いかがでしたか。

今回紹介した選び方から自分に合った選択をしていけば、自ずとあなたにピッタリのキーボードが見つかるはず。
ぜひ最高のキーボードで最高のタイピング生活を送りましょう!

NO KEYBOARD NO LIFE。ありがとうございました!



コメント