iPhone Pro vs Pro Max!結局どっちが良いの?違いを徹底比較

ガジェット

2年前、ちょうどスマホの機種変更の時期だった私は「iPhonePro Maxっていうの、アレ大きくて持ちにくそうだし、何かいいところあんの?」と思い、気になったので思い切ってメインスマホを当時の最新モデルであったiPhone 11 Pro Maxにしました。

そこから2年間、iPhone 11 Pro Maxと過ごしていくうちに、「Pro Maxええやん」と感じるように。

そして最近、iPhone 11 Pro MaxからiPhone 13 Proに機種変更。「やっぱりiPhone Proもええな、次機種変更するときはProPro Maxかで悩むな」と思ったので、ここでPro vs Pro Maxの決着をつけたいと思います。

iPhone ProかPro Maxで悩んでいる方の解決になればと思います。

iPhone Pro vs Pro Max 基本情報

まずは、現行モデルのiPhone 13 ProiPhone 13 Pro Maxの性能を比較します。

ProPro Maxでは、サイズとバッテリー容量、値段以外にスペックの違いはありません。
よって異なる部分だけをピックアップしています。



ProとPro Maxのサイズ感を見てみる

iPhone Proのサイズ感
Pro
iPhone Pro Maxのサイズ感
Pro Max


ProPro Maxのサイズ、両者の差を改めて見てみます。

ProPro Max
高さ146.7mm160.8mm14.1mm
71.5mm78.1mm6.6mm
厚さ7.65mm7.65mm0mm
重量203g238g35g


数値化してみると意外と差が無いようにも見えます。この1cm程度の差を大きいと見るか小さいと見るかは人それぞれですが、どうでしょうか。


ちなみに1cmと聞けば、面白い書籍があるので本文には関係ありませんが紹介しときます。たった1cm見方を変えるだけで世界の見方が変わるという内容です。



重量はどうでしょうか。35gといえば、500円玉1枚が7gなので、Pro MaxProに500円玉5枚上乗せした感じの重さです。
数値では違いがわかりにくいかもしれませんが、実際にProを持った後にPro Maxを持つとズシッとした重さを感じました。

iPhone ProとPro Maxを重ねた図

ProとPro Maxを重ねてみるとこんな感じ。上がProで下がPro Maxです。Pro MaxProを文字通り一回り大きくした感じですね。

実際に持ってみるとこんな感じ

私の手のサイズ感
私の手

ではProPro Maxを実際に持ってみます。ちなみに私は手がかなり大きい部類です。手首から指先まで18cmくらいでした。ご参考までに。

iPhone Proを持っている様子
Pro
iPhone Pro Maxを持っている様子
Pro Max

“持つ”ということでいうとPro Maxでも全く問題ありません。がっちりホールドして持つことができます。

iPhone Proで親指操作をしている図
Proでの親指操作
iPhone Pro Maxで親指操作している図
Pro Maxでの親指操作

iPhoneの下を小指で支えるスタイル、片手持ちの親指操作での操作感を見てみます。

Proは画面の半分よりちょい上くらい、Pro Maxなら画面のちょうど半分くらいまでなら無理のない動きで操作できます。

Pro Maxの片手操作には慣れが必要

片手操作で画面左上にアクセスしたい場合、少し慣れが必要です。

普通にiPhoneを持っている状態
普通の状態から
4本の指でiPhoneを支えている様子
4本の指にiPhoneを乗せる感覚で
画面左上に親指が畳み掛けている様子一気に畳み掛ける

慣れてしまえばPro Maxの片手操作でも画面の端まで指が届きます。たださすがに操作感はProの方が良いです。

ProとPro Maxの画面表示を見てみる

次に実際のスクリーンショットで、画面の見え方の違いを見てみます。

iPhone ProとPro Maxの画面の見え方の違い(メモ)
純正メモアプリでの表示

まずはiOS純正のメモアプリ。Proが28.5行分、Pro Maxが35行分が一画面で表示されています。約7行の差は結構大きいですね。

iPhone ProとPro Maxの画面の見え方の違い(ブラウザ)
ブラウザでの表示

続いてsafariでのwebサイトの表示を見てみます。メモアプリに比べて行間が広いこともあって、表示されている文字数はそんなに変わりません。

Pro Maxはどんな人にオススメ?

iPhone ProとPro Maxはどっちがいいか

ここまで性能差やサイズ感見て、そして実際に使ってみて万人におすすめできるのはProです。

もちろんPro Maxもとても良いです。Pro Maxの特徴などをまとめます。

Pro Maxの特徴まとめ

・バッテリー駆動時間はiPhoneの中で最強
・Proとの価格差は12,000円
・思っているよりは持ちやすい
・片手操作には慣れが必要
・表示領域の広さ

特にバッテリー容量の大きさは魅力的です。1泊2日の旅行に充電器を持っていかなくても大丈夫なくらいでした。

Pro Maxはこんな人にオススメ

・外出や旅行が多い方
・iPhoneで頻繁にWebサイトや電子書籍を読む方
・大画面が有利に働くゲームをプレイする方
・タブレットを持っていない方

表示領域が広いという点は、タブレットと役割が被る部分があるので、タブレットを持っている方はProでいいと思います。
実際iPhone 11 Pro Maxを使っていたときは、動画や電子書籍の閲覧で大活躍しましたが、iPad Airを購入してからはそれらの役割はほぼ全てiPad Airに移行されました。


関連記事:iPad Airが大学生に最適な理由を他のiPadと比較して解説

Pro vs Pro Maxまとめ:Pro Maxは予想よりは使いやすい

特に理由がない場合はiPhone Proを買うのが最善の選択というのが私の答えです。


ただ、iPhone Pro Maxは思っているよりも使いやすいです。みなさんの手にも馴染むと思います。
私は2年間iPhone Pro Maxをメインで使用していたので、もちろんPro Maxも大好きです。気になる方は思い切ってPro Maxにしても後悔することはないはずです。


では良きiPhoneライフを~。ありがとうございました!

この記事を書いた人

現役理学部数学科学生。ブログ「令和に生きる」を運営中。ガキの頃からパソコンを触るのが大好きだった男。Mac歴12年。現在はメインでWindows自作PC、サブでMacbook Airを使用。プログラミング、動画編集できます。プログラミングは主にPythonユーザーです。旅行とゲームが好きです。

かんまる/現役数学科ブロガーをフォローする
ガジェット
令和に生きる

コメント