Anker SoundcoreヘッドホンLifeシリーズを全機種比較

Anker公式サイト内に、Soundcoreヘッドホンの性能比較機能が見当たらなかったので、性能比較表を作成しました。対象となるのは記事作成時にAnker公式サイトに掲載されているSoundcoreのヘッドホンのうち、売り切れ品を除いた5機種です。

ヘッドホン購入の際の参考になれば幸いです。

Anker Soundcore ヘッドホン 全機種スペック比較表

スクロールできます
各ショップ 価格 特徴 発売日 カラー 重量 ドライバー ノイズキャンセリング 外音取り込み ハイレゾ対応 専用アプリ対応 最大再生可能時間
(イヤホン単体)
充電端子 充電時間 通信規格 Bluetoothプロファイル 対応コーデック インピーダンス 付属ケース その他の機能

Life Q35
Amazon
楽天市場
10,990円 ワイヤレスでもハイレゾ再生可能&ウルトラノイズキャンセリング搭載の上位モデル 2021年7月28日 ● ブラック
ネイビー
ピンク
約270g 40mm×2
ウルトラノイズキャンセリング 3モード

有線・ワイヤレス接続時
通常:60時間
ノイキャン:40時間
ノイキャン&LDAC:38時間
USB-C 2時間 Bluetooth 5 AVRCP
A2DP
HFP
HSP
SBC
AAC
LDAC
16Ω ハードトラベルケース マルチポイント(2台)
NFCペアリング
航空機用プラグアダプター付属

Life Q30
Amazon
楽天市場
8,990円 モード切り替え可能なアクティブノイズキャンセリングを搭載 2021年1月13日 ● ブラック
ネイビー
ピンク
約260g 40mm×2
3モード

有線接続時
通常:60時間
ノイキャン:40時間
USB-C 2時間 Bluetooth 5.0 AVRCP
A2DP
HFP
HSP
SBC
AAC
16Ω ハードトラベルケース マルチポイント(2台)
NFCペアリング

Life Q20+
Amazon
楽天市場
6,990円 Q20のアップグレードモデル
外音取り込みやアプリ対応により利便性が格段に向上
2021年9月1日 ● ブラック 約260g 40mm×2
有線接続時
通常:60時間
ノイキャン:40時間
USB-C 3時間 Bluetooth 5.0 AVRCP
A2DP
HFP
HSP
SBC
AAC
16Ω トラベルポーチ マルチポイント(2台)

Life Q20
Amazon
楽天市場
5,990円 ノイズキャンセリング搭載モデルで最安 2020年1月23日 ● ブラック
シルバー
ブルー
約260g 40mm×2
有線接続時
通常:60時間
ノイキャン:40時間
Micro USB 3時間 Bluetooth 5.0 AVRCP
A2DP
HFP
HSP
SBC
AAC
16Ω トラベルポーチ BassUpテクノロジー

Life Q10
Amazon
楽天市場
3,999円 格安ながらもハイレゾに対応したAnkerヘッドホンのエントリーモデル 2020年1月23日 ● ブラック
ブルー
レッド
約290g 40mm×2
有線接続時
60時間 USB-C 2時間 Bluetooth 5.0 AVRCP
A2DP
HFP
HSP
SBC
AAC
32Ω BassUpテクノロジー

この中でも個人的に注目したいのが、専用アプリに対応しているかどうか。アプリ内でイコライザを詳細に設定できるので、音質にこだわる方はアプリ対応しているヘッドホンを選択することをおすすめします。


ここからは、令ガジェ的 Ankerおすすめヘッドホンをランキング型式で紹介します。コスパ重視でランク付けしました。


第5位:上下モデルに板挟みで選ぶ理由が難しい Q30

元はAnkerヘッドホンの最上位モデルとして君臨していたQ30ですが、Q35の登場によりその立ち位置がイマイチはっきりしないため第5位となりました。

2,000円追加すれば最上位モデルが購入できることや、1つ下のQ20+とスペックが似ていることが影響しました。それでも十分素晴らしいヘッドホンであることに変わりはありません。

Q30はこんな人におすすめ!
  • 3つのノイキャンモードを切り替えながら使用したい方
  • ハードトラベルケースがほしい方
  • LDACが不要な方


↑比較表に戻る


第4位:ノイキャンヘッドホンを気軽に試せる Q20

ノイズキャンセリングが搭載されたモデルで最安のQ20が第4位となりました。

外音取り込みや専用アプリに非対応な点、充電端子がMicro USBなのが気になりますね(他はすべてUSB-C)。これなら1,000円足して1つ上のQ20+を買うことを強くおすすめしたくなります。
それでも、Ankerの中でノイキャン搭載の最安」というアイデンティティがあるので、選ぶ方が多いのも納得の一台です。

Q20はこんな人におすすめ!
  • なるべく安いワイヤレスノイキャンヘッドホンがほしい方
  • 外音取り込みが不要な方


↑比較表に戻る


第3位:ハイレゾ対応が嬉しい格安モデル Q10

Ankerヘッドホン最安モデルのQ10だけはノイズキャンセリングを搭載していないので、他のヘッドホンと少し性格が異なりますが、3,999円という価格でハイレゾ対応(有線時のみ)や、ちゃんとしたブランドのワイヤレスヘッドホンが手に入ることを考えると、コスパは高いと考えて良いでしょう。

Q10はこんな人におすすめ!
  • ノイズキャンセリングが不要な方
  • なるべく安くAnkerブランドを手に入れたい方


↑比較表に戻る


第2位:最上位ながらも買いやすい値段が嬉しい Q35

最上位モデルのQ35が第2位。

ウルトラノイズキャンセリングを搭載しながら、LDACにも対応し、音質・機能ともに大満足の1台。それでいて10,990円という価格は、同等のスペックを持つ他社製ヘッドホンと比べてもコスパが高いです。

ただ1つ注意点があります。高音質コーデックのLDACにAnkerヘッドホンでは唯一対応していますが、iPhoneやMacなどApple製品はLDACに対応していないため、Apple機器と接続して使う場合はLDACの恩恵が受けられません。

Q35はこんな人におすすめ!
  • ノイズキャンセリングを日常的に使う方
  • LDAC対応ヘッドホンがほしい方


↑比較表に戻る


第1位:アップグレードにより格段に魅力的になった Q20+

Q20をベースにして様々な部分を改良したQ20+が令ガジェ的 Ankerおすすめヘッドホン第1位となりました。

Q20のイマイチな点(外音取り込みとアプリに非対応、充電端子がMicro USB)が全て改良された、文句の付け所がない高コスパヘッドホンに仕上がっています。

あえて文句をつけるなら、カラーバリエーションがブラックのみな点ですかね。カラフルなヘッドホンがほしい方は他のヘッドホンですね。

Q20+はこんな人におすすめ!
  • 必要な機能が一通り揃ったヘッドホンがほしい方
  • コスパ重視で選びたい方


↑比較表に戻る


結論!欲しい機能を見極めて最適な一台を手に入れるべし!

令ガジェ的 AnkerヘッドホンおすすめTOP3まとめ
  • 【第1位】Q20+ … とりあえず迷ったらこれを買え!
  • 【第2位】Q35 … ノイキャンを日常的に使う方やLDAC対応端末をお持ちの方に!
  • 【第3位】Q10 … ノイキャン不要派や安価なワイヤレスヘッドホンがほしい方に!

ランキングは、あくまですべての機能を俯瞰的に見て、コスパを独断で考えた結果で、ランキング上位のものが絶対に良い!とかランキング下位のものは微妙!というわけでは決してありません。

このランキングはあくまで参考程度に見てください。それよりも「自分がどんなヘッドホンが欲しいのか」が圧倒的に重要です。欲しい機能が決まっていれば、比較表を見るだけで自ずとピッタリの一台が見つかるはずです。比較表がその手助けになれば幸いです。

では!


令ガジェ的AnkerヘッドホンおすすめTOP3


記事が良かったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする