予算3万,5万,7万円台で作れる最強構成自作PCパーツを考える


この記事では、これから自作PCを組む方に向けて予算3万円、5万円、7万円台で作れる格安自作PCのおすすめパーツ構成を紹介しています。コスパを優先するために、あえて前の世代のパーツを選ぶなど工夫しました。前の世代とはいってもバリバリ現役のパーツばかりなのでご安心を~。


PCパーツは値段変動が激しく、在庫の有無もコロコロ変わるので、なるべく多くパーツの候補を紹介しています。
セールやクーポンで表記より安くなることもあるため、お得に買い物したいなら他の候補の欄のパーツも全て目を通すと良いと思います。その中で一番安いものを選んでください。


「必要なパーツって何?」「性能の差とかよくわからない」といった自作PC初心者の方は必要な知識をこちらの記事で解説しているので、不安な方はぜひご覧ください。


※この記事で紹介している予算の場合、OS台も含めることが難しいです。プロダクトコードなしで無料でWindows 10を使うこともできますが、推奨はしません。Windows 10を別で用意するか、用意できない場合は無料のOSを使いましょう。
※表記している価格は記事更新時の価格です。なるべく頻繁に価格を確認して更新しますが、最新の価格はAmazon等でご確認ください。

目次

格安自作PCパーツ構成①:予算3万円台でライトに使える自作PC

とにかく価格を抑えたパーツ構成になっています。ネットサーフィンや軽い書類作成、ビデオ通話など1通りのパソコン作業をこなせるスペックになっています。テレワークやリモート授業にもオススメ。

パーツ一覧

メモ

・CPUはコスパ抜群の Core i3-10105F を採用
・CPUにCPUクーラー付属、グラフィック内蔵
・CPUで Ryzen 3 3200G を選ぶ場合は、※印をつけている ASRock B450M Steel Legend などAMD CPU対応のマザーボードを選ぶ必要あり
・ストレージは120GBでは若干不安。できれば240GBのSSDを選ぶか、後から大容量のHDDなどを追加するなどしたい


格安自作PCパーツ構成②:予算5万円台で作る格安PC

3万円台PCに加え、グラボを積んだパーツ構成になっています。FortniteやVALORANTなどの軽いゲームであればこの構成でも遊べます。

パーツ一覧

メモ

・ベースは3万円台PCを採用、グラボとSSDをグレードアップした構成
・グラボを搭載することで、内蔵グラフィックなしのCPU Core i3-10105F を積めるようになる
・予算に余裕がある場合CPU、グラボ、メモリ、ストレージあたりをアップグレードしたい
・ケースを自分好みのものにするのもアリ


格安自作PCパーツ構成③:予算7万円台で作る格安ゲーミングPC

いよいよゲーミングPCと呼べるくらいのパーツ構成になってきます。重いゲームを除くPCゲーム(ApexLegends)などで60FPSでのプレイが可能。軽めの動画編集もこなせるオススメの構成です。

パーツ一覧

メモ

・5万円台PCからCPU、グラボ、メモリ、ストレージ、電源をアップグレードしたオススメ構成
・CPUは1つ前の世代の Ryzen 5 3600 も買いやすい価格でオススメ。Ryzenを買う場合は対応のマザーボードを選ぶ必要あり。(Ryzen CPU対応のマザボには※印をつけてます)
・SSDよりさらに高速のM.2 SSDを選ぶも良し
・グラボはこの価格帯なら他の選択肢がないのが現状。GTX 1650 の在庫があるなら早めに確保しておきたい


格安自作PCでもゲームが遊びたいなら

GeForce NOWのトップ画面


まとめ:自作PCはコストを抑えても作れる!

今回は予算3万円、5万円、7万円台で作る格安自作PCの最強構成を考えました。

一般の用途であれば、この価格帯で十分なパソコンを作ることができます。


PCゲームをプレイしたい」「動画編集をしたい」という方は、この価格帯では少し物足りないです。少なくとも予算10万円は欲しいところ。



ぜひ自分にあったパソコンを作ってくださいね~では!

記事が良かったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる