Ankerワイヤレスイヤホン頂上決戦!Liberty Air 2 Pro VS Life P3

ガジェット

AnkerのSoundcore Liberty Air 2 Proを買って約2ヶ月、そして同じAnkerのSoundcore Life P3を買って1ヶ月が経過しました。


Life P3を使ううちに「あれ、Life P3でいいんじゃね」と思い立って、真剣に評価しようとこの記事を書いています。

2020年発売の上位モデルLiberty Air 2 Pro(12,990円)と2021年発売の最新モデルLife P3(8,990円)の戦いです。



Liberty Air 2 Pro、Life P3の個別のレビュー記事も書いていますので、購入を検討中の方はぜひそちらも合わせてどうぞ。

Soundcore Liberty Air 2 Pro VS Life P3 基本性能比較



ズバリ!Liberty Air 2 ProとLife P3の違いは?

パッと見ると似たような性能をしていますが、値段の3,000円(ブラックの場合は4,000円)の差はどこにあるのでしょうか。

そこで、Liberty Air 2 Proにはあって、Life P3には無い機能をまとめます。



Liberty Air 2 ProにはあってLife P3に無い機能

・急速充電可能(イヤホン15分の充電で約3時間使用可能)
・取り換え用イヤーチップがXXXS~XLまでの9種類同梱(Life P3はXS~XLまでの4種類)
・ノイズキャンセリングのカスタム設定
・プロが設定したカスタムイコライザー
・Hear ID機能 … 人それぞれの耳の聞こえ方を分析して自動で最適なイコライザを設定してくれる


逆に、Life P3にはあって、Liberty Air 2 Proにはない機能もあります。

Life P3にはあってLiberty Air 2 Proにはない機能

・イヤホンを探す機能
・睡眠モード … ヒーリングサウンドを自分好みにミックスして聞ける
・ゲームモード … 低遅延モード

機能面での差はこんなところです。基本的にこれらの機能を100%使うには、Soundcore(iOS、AndroidOS対応)という専用アプリのインストールが必須です。

Soundcore Liberty Air 2 Pro VS Life P3 性能比較5本勝負!

Liberty Air 2 Pro VS Life P3性能比較5本勝負


機能面の差がわかったところで、次に実際に使ってみてわかったイヤホンの性能差を5つの観点で評価していきます。

今回比較するのは以下の5点。

 1. 音質
 2. ノイズキャンセリング
 3. 外音取り込み
 4. 充電面
 5. 機能面

各項目5点満点で評価します。

音質など実際に数値化して測れないものは、大いに私の感覚的評価な部分がありますのでご参考までに。

1. 音質

Liberty Air 2 ProLife P3
音質★★★★★★★★★☆


あくまでワイヤレスイヤホンとしての音質ですが、Liberty Air 2 Proは十分いい音質です。

Life P3は高音がキツくて微妙でした。しかし、Soundcore専用アプリでイコライザを適切に設定するとLiberty Air 2 Proに負けず劣らずの音質になります。(←これ重要)


よってデフォルトの音ではLiberty Air 2 Proの勝ちですが、ちゃんと設定すればLife P3も満点近い音質になります。

2. ノイズキャンセリング

Liberty Air 2 ProLife P3
ノイズキャンセリング★★★★★★★★★☆


ノイズキャンセリングの効き自体はどちらも同じくらいで、しっかり雑音をカットしてくれます。

特に飛行機や電車内の大きな騒音はかなりのレベルでカットしてくれます。
逆に騒音レベルが低いところではそもそもカナル型イヤホンの時点でそれなりに雑音をカットしてくれるため、あまり出番はありません。

Liberty Air 2 Proのノイズキャンセリング設定画面
Liberty Air 2 Proのノイズキャンセリング設定画面
Life P3のノイズキャンセリング設定画面
Life P3のノイズキャンセリング設定画面

Liberty Air 2 Proではノイズキャンセリングのレベルをカスタム設定できるという点で、5点。
Life P3は「交通機関」「屋内」「屋外」の3モードでのみの設定のため4点としています。

3. 外音取り込み

Liberty Air 2 ProLife P3
外音取り込み★★★★★★★★★★


外音取り込みはどちらもしっかり使えます。
まるでイヤホンをつけていないみたい!というレベルではありませんが、インターホンの音や、歩行中の車の走行音などしっかり聞き取れます。
普段の生活にBGMをちょい足しくらいの感覚で使うのがGOOD。

外音取り込みモード設定画面
外音取り込みモード設定画面

両イヤホンとも「全ての外音」「音声フォーカス」の2モードから選択でき、十分に活躍してくれます。

4. 充電面

Liberty Air 2 ProLife P3
充電面★★★★★★★★★★


ワイヤレスイヤホンにおいて充電面は非常に重要なので、しっかりとまとめておきます。

Liberty Air 2 ProLife P3
再生可能時間(イヤホンのみ)通常:最大7時間
ノイキャン:最大6時間
外音取り込み:最大6.5時間
通常:最大7時間
ノイキャン:最大6時間
外音取り込み:最大6時間
再生可能時間(ケース込)通常:最大26時間
ノイキャン:最大21時間
外音取り込み:最大23時間
通常:最大35時間
ノイキャン:最大30時間
外音取り込み:最大30時間
イヤホンの急速充電ケースで15分充電で約3時間使用可能表記なし
ケースの充電時間USBケーブル:約1.5時間
ワイヤレス:約2.5時間
USBケーブル:約3時間
ワイヤレス:約3時間


まず全体的に見て、両イヤホンとも抜群のバッテリー性能を持っています。
Life P3のレビュー記事「格安ノイキャンワイヤレスイヤホンSoundcore Life P3が結局最強【レビュー】」でも触れていますが、AppleのAirPodsシリーズよりもバッテリー面で優れています。


Life P3にはイヤホンの急速充電に関しての記述がないため、Liberty Air 2 Proの強みと言えます。7時間以上連続して使用したい場合はLiberty Air 2 Proを選ぶと小回りが効いていいですね。


両者それぞれに強みがあって、抜群のバッテリー性能なので両イヤホンともに満点としています。

5. 機能面

Liberty Air 2 ProLife P3
機能面★★★★★★★★★★


最後に機能面ですが、最初に紹介したようにそれぞれに特有の機能があります。復習するとこんな感じ。

Liberty Air 2 Pro特有の機能Life P3特有の機能
・急速充電可能
・取り換え用イヤーチップが豊富
・ノイキャンのカスタム設定
・プロが設定したカスタムイコライザー
・Hear ID機能
・イヤホンを探す機能
・睡眠モード
・ゲームモード


SoundcoreアプリのLiberty Air 2 Pro設定画面
SoundcoreアプリのLiberty Air 2 Pro設定画面
SoundcoreアプリのLife P3設定画面
SoundcoreアプリのLife P3設定画面

一見、Liberty Air 2 Proの方が機能面に優れていますが、実際恩恵を受けるのは赤い文字で示した2つくらいです。
下3つは個人的には使いません。ノイキャンは「交通機関」「屋内」「屋外」の3つのモードで十分、イコライザも結局自分で設定したほうが良かったです。


それに対して、Life P3特有の機能はどれも実用的なものばかり。なのでLife P3の勝ち!としたいところですが、Liberty Air 2 Proの急速充電とイヤーチップの恩恵は結構大きいです。
あと上の機能には書きませんでしたが、ケースの開けやすさはLiberty Air 2 Proの勝ちです。よってここは引き分けとします。

Soundcore Liberty Air 2 Pro VS Life P3 特徴まとめ

Liberty Air 2 Pro VS Life P3 特徴まとめ

Liberty Air 2 Proの特徴

・急速充電可能
・ケースの充電時間が早い
・取り換え用イヤーチップが豊富
・ケースが開けやすい

Life P3の特徴

・ケース込の再生時間が長い
・カラーバリエーションが多い
・イヤホンを探す機能
・睡眠モード
・ゲームモード

まとめ:Life P3のコスパが最強

以上のことをまとめると、「Liberty Air 2 Proもすごくいいけど、コスパがいいのはLife P3」という結果になりました。

やはりLiberty Air 2 Proは2020年発売、Life P3は2021年発売ということもあって、値段の割にLife P3の高性能具合が目立ちました。


ということで特にこだわりがなければLife P3を買えばOK。急速充電やケースの開けやすさなどに魅力を感じる場合はLiberty Air 2 Proを買うのも良しですね。



Life P3はノイキャンワイヤレスイヤホンの定番となるでしょう。本当にコスパが良くオススメです。

この記事を書いた人

現役理学部数学科学生。ブログ「令和に生きる」を運営中。ガキの頃からパソコンを触るのが大好きだった男。Mac歴12年。現在はメインでWindows自作PC、サブでMacbook Airを使用。プログラミング、動画編集できます。プログラミングは主にPythonユーザーです。旅行とゲームが好きです。

かんまる/現役数学科ブロガーをフォローする
ガジェット
令和に生きる

コメント