凄いのは軽さだけじゃない!穴なし45gマウスのNinjutso Sora実機レビュー

ども。かんまる(@K4mmerU)です。

非ハニカムデザインの中型ワイヤレスマウスで市場最軽量の45gを実現したマウスとして、発売前から注目されていたNinjutso Sora。12月12日に開始した日本の正規代理店での争奪戦に無事勝利したので、この記事で実機レビューしていきます。

Ninjutso Soraの使い心地や完成度、機能や精度、質感やデザインなどを中心に、徹底的にレビューしていきますので、ぜひ最後までご覧ください。


目次

Ninjutso Soraの基本スペック早見表

Ninjutso Soraを横から見た図
サイズ 120.8×59.8×37.3mm 接続 USBレシーバー
重量 45g±2g 充電端子 USB-C
センサー Pixart PAW3395 最大駆動時間 70時間
DPI 50 – 26,000DPI ソール バージンPTFE
最大加速度 50G スイッチ Huano Pink Dot
最高速度 650IPS エンコーダー TTC – 9mm
リフトオブディスタンス 1/2mm デバウンスタイム 0 – 16ms
最大レポートレート 1,000Hz カラー ● ブラック
ホワイト
ボタン数 5 販売価格 12,990円(※)
サイズ 120.8×59.8×37.3mm
重量 45g±2g
センサー Pixart PAW3395
DPI 50 – 26,000DPI
最大加速度 50G
最高速度 650IPS
リフトオブディスタンス 1/2mm
最大レポートレート 1,000Hz
ボタン数 5
接続 USBレシーバー
充電端子 USB-C
最大駆動時間 70時間
ソール バージンPTFE
スイッチ Huano Pink Dot
エンコーダー TTC – 9mm
デバウンスタイム 0 – 16ms
カラー ● ブラック
ホワイト
販売価格 12,990円(※)

※本記事作成時の日本正規代理店での販売価格



今回紹介するもの

Ninjutso Sora Wireless Gaming Mouse White
created by Rinker



Ninjutso Soraはこうやって買う

ふもっふのおみせについて
ふもっふのおみせより引用

Ninjutso製品は現状Amazonや楽天市場などの大手ショップでは取り扱っていません
そのためNinjutso公式サイトか、日本の正規代理店であるふもっふのおみせで購入することになります。価格面や手軽さから見て、公式サイトで購入するメリットがないため、ふもっふのおみせで購入すると良いです。ふもっふのおみせでの販売価格は12,990円です。

ふもっふのおみせの製品ページからメールアドレスを登録することで、入荷情報の通知メールをいち早く受け取ることができます。確実にゲットしたい方は、通知メールを受け取ると良いです。
他にも入荷情報を得るには、ふもっふのおみせ公式Twitter(@fumoshop)や、Ninjutso Japan公式Twitter(@Ninjutso_JP)をフォローするのも有効ですね。


Ninjutso Soraを開封!同梱物などをチェック

Ninjutso Soraの外箱

ふもっふのおみせで購入した次の日に発送され、購入から2日後に届きました。


Ninjutso Soraの同梱物

Sora本体、USBレシーバー、充電ケーブル、延長用アダプタが入っています。画像の通り、今回はホワイトモデルを購入しました。

(公式情報によれば交換用ソールと説明書も入っているようですが、入っていませんでした…。現在サポートに問い合わせ中です…。)


Ninjutso Soraの外観をじっくり観察

せっかくなので外観をじっくりチェックしていきます。


トップ

Ninjutso Soraのトップ部分

トップ部分。ホイールとNinjutsoロゴ部分が黒く、それ以外は真っ白のシンプルなデザイン。改めてハニカムではないことに驚かされます。

ツルッというよりは、ややザラッとスベスベした肌触りになっています。


Ninjutso Soraのボタン周り

ボタン周り。左右クリックとホイールのみのシンプルな構成となっています。HuanoのPink Dotというスイッチを採用し、耐クリック回数は1,000万回とのこと。


サイド

Ninjutso Soraの左サイド

左サイド。サイドボタンが2つ配置されています。もちろん純正ソフトを使うことで、サイドボタンに割り当てる機能はカスタマイズ可能です。


Ninjutso Soraの右サイド

右サイド。なにもありません。


裏面

Ninjutso Soraの裏面

裏面。中央部に電源スイッチとセンサー、DPI切り替えボタンがあります。センサーは本体中心に配置されています。


Ninjutso Soraのソール

デフォルトでは小さいサイズのソールが取り付けられていますが、大きいサイズのソールが交換用として同梱されています。ソールの素材にはPTFEを採用しています。


Ninjutso SoraのUSBレシーバー格納庫

下部のカバーを取り外すとUSBレシーバーが格納されています。持ち運びの際に役立ちそうです。

全体的に非常にシンプルな作りになっており、無駄がなくていいですね。


大きさ・サイズ感

Ninjutso Soraのサイズ感1

比較対象としてよく挙げられる軽量マウスの定番、LogicoolのG Pro X Superlightと並べてみました。


Ninjutso Soraのサイズ感2

横からの図。
Superlightと比較して、お尻部分の横幅以外はすべてSoraのほうが一回り小さくなっています。


気になるNinjutso Soraの重さを実測!

Ninjutso Soraの重さ実測

Ninjutso Soraの一番の注目ポイントである「軽さ」を実際に計測してみました。

スペック値は45g±2gとなっていますが、実測値は47gでしたのでスペック値通りです。重心はしっかり中心にあります。

ちなみに改造の知識がある方は、さらに軽量化を図ることができそうです。

レビューしている商品

Ninjutso Sora Wireless Gaming Mouse White
created by Rinker



Ninjutso Soraの使い心地レビュー

実際に使ってみて感じた部分を項目別にまとめます。


持ち心地について

マウスの持ち心地は手の大きさや持ち方によって、感覚が大きく異なるため、あくまで1つの感想として見ていただければ。ちなみに筆者の手は中指の先から手首の付け根まで21cm程度とかなり大きめとなっています。


公式によると、Soraは「つかみ持ちとつまみ持ち用に設計されており、小~中型の手の方におすすめ」とのこと。


つまみ持ち

Ninjutso Soraをつまみ持ちしている様子1

さすが公式推奨の持ち方といったところで、非常に持ちやすくなっています。くびれがしっかりしているので、つまみ持ちでもホールド感はしっかりあります。


Ninjutso Soraをつまみ持ちしている様子2

横から見た図。


つかみ持ち

Ninjutso Soraをつかみ持ちしている様子1

つかみ持ちユーザーの筆者にとっても、なんの違和感もなく持つことができます。ちょうど小指の付け根付近が凸部に当たり、マウスをしっかりと支えることができます。


Ninjutso Soraをつかみ持ちしている様子2

横から見た図。


かぶせ持ち

Ninjutso Soraをかぶせ持ちしている様子1

筆者の手の大きさでもかぶせ持ちはできなくはないですが、フィット感は他の持ち方には劣ります。凸部37.3mmという厚さに慣れれば、かぶせ持ちでも十分使えるなとは思いました。


Ninjutso Soraをかぶせ持ちしている様子2

横から見た図。


総じて…

Ninjutso Soraを持っている様子

絶妙なくびれが良い働きをしてくれ、サイズ感以上に持ち心地は良いと感じました。つまみ持ちやつかみ持ちユーザーに最適です。

指は若干滑るかな。筆者は気になりませんが、気になる方はグリップテープが必要かも。


左右クリックの押し心地・押しやすさ・クリック音

SoraはHuanoのPink Dotというスイッチを採用しています。Pink Dot自体は1,000万回の耐クリック性能があるようです。
実際のクリック音を動画にしました。比較対象がある方がわかりやすいと思いますので、マイメンのSuperlightと比較しています。

クリック感はやや硬めな印象。ただその分クリックした際の跳ね返りがよく、連続のクリックがしやすいと感じています。
硬さに比例してか、クリック音もやや大きく感じます。が、これはマウスを並べてクリック音を比較しているからであって、単体で使っていればクリック音の大きさが気になることはありません。


ホイール

Ninjutso Soraのホイール

ホイールは硬めでチルト感がしっかりあります。1スクロール単位で操作をすることが多いゲームでも、操作ミスは起こらないですね。

ミドルクリック(ホイール押し込み)は標準的~やや硬いくらいで、個人的に気に入っています。


サイドボタンの押し心地・押しやすさ・クリック音

サイドボタンはやや上めの標準的な配置となっています。クリック感はやや柔らかめ~標準的といったところで、ストロークもあり、非常に押しやすいです。理想的なサイドボタンです。


一応サイドボタンのクリック音も動画にしました。もちろんマイメン付きです。


滑りやすさ

Ninjutso Soraを紫電改で使っている様子

(マウスパッドとの相性等や感覚的な一面もありますので、ご参考までに…)

ガラスのマウスパッドであるArtisanの紫電改で使ったところ、滑りは標準的~やや滑るといった具合。
布のマウスパッドSteelSeriesのQck+で使ったところ、使いやすい滑走感を感じました。

2つのマウスパッドともに、トラッキングもフリックもバランスよく行える滑りでした。


本当は交換用のソールも試したいのですが、同梱されていなかったので悪しからず。(現在サポートセンターに問い合わせ中、もしソールを送っていただけたら後日追記します)


各種設定などの使い心地

Ninjutso Soraの設定ソフト

公式サイトより設定用ソフトをダウンロードできます。設定ソフトでは機能の割り当てやバッテリー残量の確認、DPIの設定やポーリングレートの設定など、基本的なことが一通りできるようになっています。シンプルで使いやすいです。

DPIは4段階で設定可能で、マウス裏面のDPIボタンから切り替えることが可能です。


レビューしている商品

Ninjutso Sora Wireless Gaming Mouse White
created by Rinker



Ninjutso Soraのセンサーテスト

マウスのセンサーの挙動を記録してグラフ化してくれるソフト「MouseTester」を使って、Soraのセンサー精度をチェックしていきます。
SoraにはPixArt社のPAW 3395というセンサーが採用されています。このセンサーはPulsar Gaming GearsのX2シリーズやM8などにも採用されています。

xCounts

画像はクリックで拡大できます。

MouseTesterのxCounts(400DPI)
400DPI
MouseTesterのxCounts(800DPI)
800DPI
MouseTesterのxCounts(1600DPI)
1600DPI
MouseTesterのxCounts(3200DPI)
3200DPI



xSum

画像はクリックで拡大できます。

MouseTesterのxSum(400DPI)
400DPI
MouseTesterのxSum(800DPI)
800DPI
MouseTesterのxSum(1600DPI)
1600DPI
MouseTesterのxSum(3200DPI)
3200DPI



センサー精度は非常に高く、グラフにもこれといった問題点は見当たりません。

Ninjutso Soraを実際にゲームで使ってみての感想

Ninjutso Soraを実際に使った感想

とりあえず6時間ほどSoraでゲームを遊んでみました。遊んだタイトルはValorantとApex Legendsです。

とにかく軽くて快適。初動がスムーズで思い通りのエイムを実現できます。トラッキングもフリックも非常にやりやすいです。形状がシンプルなためすぐに手に馴染み、他のマウスからでも違和感なく移行できます。

6時間程度のプレイではチャタリング等の不具合はありませんでした。完成度はかなり高いとみて良いと思います。


6時間プレイした後、なんと63gのG Pro X Superlightが少し重く感じてしまうほどでした。これはなかなかできない経験でした。

また一週間、一ヶ月と使ってみて感じたことがあれば追記していきます。


Ninjutso Soraレビューまとめ:45gに性能が詰まった次世代マウス

今日のまとめ
  • ソリッド構造の中型マウスながらも45gという軽さを実現
  • 高性能センサーのPAW 3395を搭載、正確なトラッキング性能
  • 70時間のバッテリー性能
  • シンプルなデザインに優れたビルドクオリティ
  • つまみ持ちやつかみ持ちに最適な形状
  • 跳ね返りの良いクリック感
  • 押しやすい理想的なサイドボタン
  • バランスの良い滑り
  • シンプルで使いやすい設定ソフト
  • この完成度で12,990円
  • 大手ショップでの取扱がない
  • かぶせ持ちをするには厚みが物足りない
  • 流通量が少ない

Ninjutso Soraは、これといった欠点が見当たりません。唯一、かぶせ持ち派の方は本体の薄さを許容できるか考える必要がありますが、総じて非常に完成度の高いマウスでした。この完成度で12,990円とコスパも良いです。


軽量マウス派の方は間違いなく「買い」です。
(流通量さえ安定すれば)現状の軽量マウスの定番であるG Pro X Superlightに置き換わる、覇権を握るポテンシャルを感じました。当分は筆者のゲーム用メインマウスになると思います。これは面白いことになるぞ~!


どのタイミングで入荷するかはわからないので、欲しい方はふもっふの製品ページから通知メールを受け取るか、ふもっふの公式Twitter(@fumoshop)、Ninjutso Japan公式Twitter(@Ninjutso_JP)などでこまめに情報をチェックしてくださいね。



この記事で紹介した商品

Ninjutso Sora Wireless Gaming Mouse White
created by Rinker
記事が良かったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次